お得な買い物 エコ家電の冷蔵庫に注目!

冷蔵庫がエコ家電になるには、いかに冷やした状態を維持できるかです。断熱材の技術の向上があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
CONTENTS

冷蔵庫がエコ家電になるための技術

氷を解かしたくないとき、どのように保存すると良いでしょうか。そのときに毛布を利用するとよいとされています。毛布といいますと通常は暖かくなるために使うものです。これは暖めるというより、保温のために利用しているのです。人がくるまれば、人の体温を逃がさないようにしてくれます。氷を包めば、氷の冷たさを維持してくれることになります。昔の氷室などにおいては、藁などをかぶせて長期間雪を保存していたことがあったようです。

温度といいますと、何もしていないと周りの影響を受けることになります。きちんと対策をすれば、外の影響を防ぐことができることになります。冷蔵庫においては、どのようになればよりエコ家電になるでしょうか。まずは、冷やすことになります。冷やした後に、その温度が庫内で維持できるのであれば、冷やすための電気は必要なくなります。開閉などで外気が入ってきたときに冷やせばよくて、閉まったままならずっと電気を使わなくて良いこともあるでしょう。

現実問題としては、全く外部の温度の影響をなくすのは無理です。しかし、技術としては、より受けないような素材を使うようにしています。扉などを見るとかなり分厚くなっています。その中には、いろいろな断熱材が使われています。魔法瓶などで使われる技術として、真空の空間を作ることがあります。それによる断熱材を入れていることがあります。また、空気が間に入ると断熱することが出来るので、発砲断熱材を用いることもあります。

おすすめ情報